担当医が不在の際は、代医対応とさせていただきます。
12/7㈬、12/21㈬は腎臓内科(今村克郎)は往診・訪問診療にて院内不在時間が発生します。2023年1月から第2土曜日の内科外来は休診となります。

腎臓内科(慢性腎臓病:CKD)

慢性腎臓病(CKD)の患者数は、全国で成人の8人に1人と推計されており、「新たな国民病」といわれています。腎臓は沈黙の臓器と呼ばれ、病気が進行しないと貧血やむくみ、疲労感などの自覚症状が現れません。症状がでたときにはかなり進行してる場合があります。進行すると腎代替療法が必要になる可能性があるとともに、脳卒中や心筋梗塞等の心血管病を起こす強い危険因子となります。
これらの問題に早期対応するために、当院では健康診断やかかりつけの先生方とCKD予防連携を行っています。早期から生活習慣の改善ができれば、腎臓病の悪化は抑えることが可能です。腎臓病を指摘された場合はご相談下さい。

関連リンク
CKD重症度分類
北九州CKD予防連携システム図
北九州市CKD予防パンフレット

一般内科

地域のかかりつけ医として、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症といった生活習慣病の診療や特定健康診断を行っております。必要時には他院専門医紹介や情報提供を積極的に行なっています。(一般内科の一部として発熱外来も行なっております。)

オンライン診療

日々ご多忙でなかなか来院出来ない患者様(※内科的加療が安定している方)や、新型コロナウイルス感染症で来院不可能な患者様は、電話やZoomなどでオンライン診察・処方を行い、自宅や職場に薬を配達することや、平日オンライン受診し、土曜や祝日に薬を受け取りに来ることも可能です。オンライン受診を希望の方は、下記案内をご確認ください。

【電話・オンライン診療のご案内】

訪問診療・往診

医療制度上の問題から高齢者の方々がこれまで療養的に利用されていた病院への入院が制約されてきている一方、ご自宅や有料老人ホーム、グループホームなどの施設で療養される方が増えてきております。そういった方々に医療提供をできるよう、訪問診療や往診を開始致しました。お気軽にご相談ください。

バスキュラーアクセス外来

バスキュラーアクセスは血液透析患者様にとって必要な、大切な血管です。そのトラブルは患者様のQOL(生活の質)を損ない、時には生命予後に影響を与えることもあります。
当院ではバスキュラーアクセスに対してエコー検査をおこない、病状と治療の必要性をわかりやすく説明し、つくる手術、なおす手術、カテーテル治療をおこなっております。
当院でのカテーテル治療(シャントPTA)は、効果的な麻酔をおこない、安全で苦痛の少ない治療が出来るよう心がけております。
手術が必要な際は、他の医療機関と連携し当院医師が責任を持って対応させていただきます。
患者様の透析生活が少しでも充実出来ますよう、全力を尽くして参ります。どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

かかりつけの維持透析施設様から患者様をご紹介いただく際は、診療予約予診票を記載し、当院までFAX(093–618–3552)をお願い致します。
バスキュラーアクセス外来診療予約予診票

人工透析【腹膜透析(PD)・血液透析(HD)・血液透析濾過(on-line-HDF)】

残念ながら腎臓病が進行・悪化し腎代替療法が必要となった方は、関連病院と協力し腹膜透析血液透析の導入や腎移植の準備を行います。透析導入後は引き続き当院での治療継続が可能です。
入院施設とリハビリテーション部も兼ね備えています。人工透析を継続しながら自宅・施設復帰までリハビリ入院も可能です。
月・水・金は23時までの夜間血液透析を行っています。日中の用事を終えてから、ゆっくりと透析を受けることができます。
また、帰省・旅行・夜間の臨時透析も随時受け付けています。ご利用の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

関連リンク
腎代替療法(日本腎臓学会HP)
腎代替療法選択ガイド2020(日本腎臓学会他)
腹膜透析(全腎協)血液透析(全腎協)
腎移植(全腎協)

栄養指導(オンライン)

慢性腎臓病、高血圧や糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病において適切な食事療法を行うことは大変重要です。
しかし、食事療法は多岐にわたり、腎臓病ではステージや原疾患によって指導内容が異なり複雑なため、細やかな指導が重要になります。患者様の状態に合わせた栄養指導を提供・継続するため、オンライン栄養指導を設けました。
【月・火・木・金 8:30〜15:00、水 9:00〜13:00】

リハビリテーション

生活習慣病改善を目指した食事制限や日常活動量の低下による筋力低下や運動耐容量の低下がみられ、疲れやすく日常の活動量が低下による生活・人生の質(Quality of Life)の低下が問題視されてます。当院ではリハビリテーションは身体機能評価に基づいて、患者様の身体状態に合わせた個別プログラムを実施しています。

通所リハビリテーション

通所リハビリテーションも開始しました。数週間続けると足腰が強くなり体の動きが良くなることを実感できるため、毎日多くの方がリハビリに来られています。無料体験できますので、お気軽におたずねください。
通所リハのご案内

新型コロナウイルス後遺症・ワクチン後遺症外来

新型コロナウイルス感染症後遺症の相談、各種ワクチン後遺症の相談を受け付けています。相談のある方は電話にて問い合わせください。(後遺症外来は月曜日の院長先生が行なっております。他の曜日は他医師が一般内科としてしか対応出来ません。)

田川市立病院開放型病床

当クリニックの常勤医師は田川市立病院の登録医になっており、田川市立病院の開放病床(5床)を利用できます。当クリニックで施行できない内視鏡やCTなどの検査、透析アクセス関連手術などを連携して行うことが可能です。田川市立病院入院中も当クリニック医師が継続して加療介入できるため、継続性のある一貫した医療を提供することができます。(写真は当医院藤田医師の出向手術時)
【当クリニックから田川市立病院へのアクセス】

食事/運動/内服療法と腎代替療法について

YouTube

YouTube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、YouTube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は YouTube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る